ベビースキンケアの誤解

オーガニック ベビーグッズ辞典

ベビースキンケアの誤解

  • 赤ちゃんの肌はいつもうるおっている?!

    キメが整った美しい肌を「赤ちゃん肌」とたとえることがあるように、確かに、赤ちゃんの肌は柔軟で、キメが細かくて、なめらかな手触りなので、ついついスキンケアは必要ないと思ってしまいます。でも、実際には、赤ちゃんの肌を乾燥に導く要因はたくさん隠れています。そもそも、赤ちゃんの皮膚は大人に比べるとかなり薄くなっているのに加えて、水分の蒸発を防ぐ皮脂膜を形作る皮脂の分泌が生後2ヶ月を境に急激に減少してしまいます。そのまま油断していると、湿疹や汗疹(あせも)の原因となることもあるので、注意が必要です。

  • 赤ちゃんにスキンケアは必要ない?!

    生まれてすぐに歩くことができる他の哺乳類の赤ちゃんに比べると、人間の赤ちゃんは未熟なまま生まれてきます。骨格もそうですが、もちろん、生まれたばかりの赤ちゃんの肌も未熟な状態です。最近は、エアコンが室内の乾燥を助長したり、紫外線が強くなっていたりと、赤ちゃんの肌の天敵が増えています。繊細でデリケートな赤ちゃんの肌を乾燥から守ってあげるためにも、うるおいを逃しがちな赤ちゃんの肌にうるおいを閉じ込めてあげるためにも、ベビースキンケアは不可欠です。

  • 赤ちゃんの洗顔には石鹸は使わない?!

    石鹸の強すぎる洗浄効果を心配して、赤ちゃんの洗顔はお湯だけで済ませていませんか?一日中、ベッドで寝ているだけだから、そんなに汚れていないはずなんていう油断はしていませんか?実は、赤ちゃんにも大人と同じ数の汗腺があり、それが小さな体に密集しているので、大人よりも汗かきで汚れやすいと言われています。確かに、石鹸を使って洗顔をすることでうるおいを保つ役割を担っている皮脂も洗い流してしまいますが、洗顔後にしっかりベビースキンケアで保湿してあげることで補うことができます。むしろ、皮脂分泌量が多い新生児期には、皮脂がつまるせいで湿疹や汗疹(あせも)の原因になってしまことが多いので、赤ちゃんも石鹸を使ってキレイに洗ってあげることが必要です。

  • 赤ちゃんの肌に余計なものはつける必要なし?!

    確かに、赤ちゃん、特に新生児の肌にたくさんのものをつけると、繊細な肌に負担をかけているようで、不安になってしまいます。でも、赤ちゃんの肌は、その見た目以上に乾燥に弱いので、適切はベビースキンケアで補ってあげる必要があります。ただし、ベビースキンケア用のベビーオイルやベビーローションには、防腐剤など赤ちゃんにとって不要な添加物や香料が入っていないオーガニック製品を選んであげることが大切です。

安心・安全の純国産オーガニックコスメ ALOBABY

ALOBABYブランドページへ

  • 全商品99%以上天然由来成分
  • 無添加・無着色・石油系香料不使用
  • 石油系界面活性剤不使用

SINCE beauté ブランドページへ

  • 全商品99%以上天然由来成分
  • 無添加・無着色・石油系香料不使用
  • 高保湿美容成分配合
お得な情報
定期便の6大特典 初回半額 2回目以降10%OFF 全国どこでも毎回送料無料 わずか1年で約1万円もお得 購入者の74%以上の方が定期便を選択
    
ベビーソープつめ替え用(400ml)定期便に関するご案内
ページのトップへ戻る