コットン製品の誤解

オーガニック ベビーグッズ辞典

コットン製品の誤解

  • コットン製品が柔らかいほど良い?!

    ゴワゴワしているコットン製品よりも、ふわふわのコットン製品の方が人気なのは当たり前ですが、「柔らかい=刺激が少ない」という訳ではありません。それは、ほとんどのコットン製品の製造段階で、柔らかく仕上げるために合成界面活性剤を使用した柔軟剤が使用されているからです。新しいタオルの吸水性が悪いのは、柔軟剤が使用されているからだと言われています。もちろん柔軟剤の全てが肌に悪影響を及ぼす訳ではありませんが、大人でも敏感肌の方は刺激を感じることもあるので、繊細な肌を持っている赤ちゃんに使用するコットンを選ぶ際には、柔らかすぎるコットン製品には気を付けたほうがいいかも知れませんね。

  • コットン製品は白いほど良い?!

    タオルや肌着などコットン製品は白いのが当たり前だと思っていませんか?安心感や清潔感があるように見えるからと、真っ白なタオルや肌着を好んでいませんか?よく考えてみると、コットンの原材料である綿花は白色ではなく肌色をしています。そんな綿花から作られたコットンが真っ白に仕上がっているのは、蛍光増白剤で白く染められていることが理由です。真っ白なコットンこそ人工的に作られたものであることを知っておいた方がいいかも知れませんね。

  • 綿花栽培工程が一番大事?!

    もちろんコットン製品の原材料である綿花の栽培過程において、農薬や化学肥料が使用されていないことはオーガニックコットンと呼ばれるのに必要不可欠な条件です。でも、それだけでは本当に安心なオーガニックコットンだと言うことはできません。それは、綿花として収穫されてから、コットン製品として消費者の手に届くまでのプロセスの中で、化学薬品が使用されてしまうケースが多くあるからです。月齢24ヶ月以下の赤ちゃん用衣類や寝具に関して、栽培時ではなく加工時に使用される薬品に対する残留濃度が厳しく規制されているのが、その証拠かも知れませんね。

安心・安全の純国産オーガニックコスメ ALOBABY

ALOBABYブランドページへ

  • 全商品99%以上天然由来成分
  • 無添加・無着色・石油系香料不使用
  • 石油系界面活性剤不使用

SINCE beauté ブランドページへ

  • 全商品99%以上天然由来成分
  • 無添加・無着色・石油系香料不使用
  • 高保湿美容成分配合
お得な情報
定期便の6大特典 初回半額 2回目以降10%OFF 全国どこでも毎回送料無料 わずか1年で約1万円もお得 購入者の74%以上の方が定期便を選択
    
ベビーソープつめ替え用(400ml)定期便に関するご案内
ページのトップへ戻る