オーガニックコスメで日焼け止め対策で赤ちゃんの日光浴を安全に

オーガニック ベビーグッズ辞典

赤ちゃんの日光浴の前にはオーガニックコスメで日焼け止め対策

  • 赤ちゃんの日光浴は体にいいの?悪いの?

    母子手帳から日光浴の記載が消えた頃から、日光浴は害の面がクローズアップされることが多いですが、季節や場所による適切な時間内での日光浴は、免疫力を高めるためにある程度は好ましいようです。だからと言って、やはり紫外線による害からは眼を背けることができません。紫外線を多く浴びることは、大なり小なり火傷をしてしまうこと、すなわち細胞を傷つけてしまうことです。免疫力を上げるどころか低下させてしまったり、最悪の場合皮膚がんなどの腫瘍を作ってしまったりすることすらあります。

    大人のママたちだって、ちょっとしたお散歩やお買い物の間でも焼けてしまうし、家の中にいても、窓ガラスを通過した紫外線は気づかない内にじわじわとお肌に悪影響を与えています。こうした日常紫外線が、小さくてデリケートな赤ちゃんのお肌に与える影響は更に大きなものとなります。

    でも日焼け止めなんてお肌に負担になりそうなものを赤ちゃんに塗るのもどうなのかな、って悩んだりしていませんか?

  • 赤ちゃんにはベビー用日焼け止め(UVクリーム)で紫外線対策を

    火傷のような急性障害はもちろん、小さな頃からの日焼けの蓄積による皮膚がんなどの慢性障害への懸念も、環境省により報告されています。ですから小さな頃からの衣服や帽子、そして日焼け止め(UVクリーム)による紫外線対策はとても重要となってきます。

    もちろん大人用のSPFやPAの高いものは赤ちゃんには必要ありません。こまめに塗り直す必要はありますが、赤ちゃんへのお肌の負担を考えたらSPFとPAは低く、無添加・無着色・無香料でオーガニックなど安全性の高いベビー用の日焼け止め(UVクリーム)をおすすめします。紫外線量の多い時期は、毎日お出かけ前にはしっかりと日焼け止め(UVクリーム)を塗りましょう。そして数時間おきの塗り直しも忘れずに。

    日差しの最も強くなる5月頃からはもちろんのこと、今は一年中紫外線対策をしている人も多いようです。紫外線量が少ない季節でも、長時間日に当たる時はベビー用の日焼け止め(UVクリーム)で赤ちゃんのお肌を守ってあげたいですね。

    毎日の小さな積み重ねが大きな成果になります。赤ちゃんが大人になった時に、「お母さんありがとう」って言っている笑顔が浮かんでくるような気がします。

安心・安全の純国産オーガニックコスメ ALOBABY

ALOBABYブランドページへ

  • 全商品99%以上天然由来成分
  • 無添加・無着色・石油系香料不使用
  • 石油系界面活性剤不使用

SINCE beauté ブランドページへ

  • 全商品99%以上天然由来成分
  • 無添加・無着色・石油系香料不使用
  • 高保湿美容成分配合
ページのトップへ戻る