n&o Living公式通販サイト

4000円以上お買上げで送料無料!
マイページ 新規会員登録 カートを見る

クレンジングと洗顔の違い、美肌を育むダブル洗顔不要のススメ

クレンジングと洗顔の違い、美肌を育むダブル洗顔不要のススメ

「クレンジング」と「洗顔」の役割の違いや、正しいケア方法を知らない人は意外と多いもの。最近では「ダブル洗顔」をしない人が増えていますが、肌にとって本当によいのでしょうか?
この機会にクレンジングと洗顔を見直して、美肌を育むスキンケア習慣を身に付けましょう!

\夏のダメージ肌ケア!/晴れやか美肌 応援キャンペーン

クレンジングと洗顔は役割が違う!どちらも肌に大切なスキンケアステップ

両手で肌に触れる女性

肌の表面では、ファンデーションや日焼け止めなどメイクアップ化粧品の"油性の汚れ"に、皮脂や古い角質、ほこり、汗といった "水性の汚れ"が混ざり合っています。
汚れた状態を放置すると、毛穴詰まりや雑菌の繁殖を起こし、肌トラブルの原因に…。1日の終わりには、汚れをきちんと落とすことが大切です。

ダブル洗顔は必要なの?

メイクをした日は、クレンジングでメイクを落とした後に、さらに洗顔料で顔を洗う「ダブル洗顔」をするのが一般的。
ただ最近では、「ダブル洗顔は肌に負担」と、乾燥肌や敏感肌の人を中心にダブル洗顔をしない人が増えています。

クレンジングと洗顔、実際にはどちらも必要なのでしょうか?

クレンジングと洗顔料が落とせる汚れは違う!

クレンジングと洗顔料はどちらも肌の汚れを洗浄するものですが、実はそれぞれ"油性"と"水性"という性質の異なる汚れを対象としているため、目的が異なる洗浄成分(界面活性剤)を配合しています。
簡単にいうと、クレンジングはメイクなどの油性の汚れや落ちにくい頑固な毛穴の詰まりを落とすもので、洗顔料は皮脂や古い角質などの水性の汚れを落とすもの。

クレンジングと洗顔料は落とせる(得意とする)汚れの種類が異なるため、基本的にはダブル洗顔が必要です

▼クレンジング・洗顔料で落とせるもの
メイク化粧品 皮脂、古い角質 ほこり、汗
クレンジング
洗顔

※一般的な構成成分によるイメージ。商品によって洗浄力は異なります。

クレンジングでは落としきれない汚れも洗顔料ですっきりオフ

スキンケアの順番は、まずクレンジングでメイクの汚れを落とします。
次に、落としきれず肌表面に残ってしまったクレンジング剤に加えて、皮脂や古い角質、ほこり、汗といった水性の汚れを洗顔料ですっきりと洗い流します。

▼ クレンジング・洗顔料の役割イメージ

クレンジング・洗顔料の役割イメージ

ダブル洗顔不要なら、クレンジングと洗顔の2役をこなして肌にもやさしい!

手に出したダブル洗顔不要クレンジング

クレンジングと洗顔の役割はそれぞれ違いますが、やっぱり肌への負担が気になりませんか?

そもそも「ダブル洗顔が肌によくない」といわれるのは、 2回洗うことによる「洗い過ぎ」と「摩擦」が起きるから。過度な洗浄によって、肌に必要な潤いまで落としてしまい、乾燥を招いたり、摩擦による肌ダメージを与えることに。

そんな ダブル洗顔によるデメリットの解消には、ダブル洗顔不要のクレンジングがおすすめ!1本でクレンジングと洗顔の2つの役割を果たしてくれるので、洗い過ぎによる乾燥や肌への負担を軽減し、さらに時短ケアも叶います。

ダブル洗顔不要って本当に汚れが落ちているか心配…

ダブル洗顔不要のクレンジングは、単純に洗浄力が強いものではありません。
通常の(ダブル洗顔を必要とする)クレンジングと洗顔料よりも、洗浄成分(界面活性剤)の種類とバランスに考慮して作られており、油分と水分の両方と仲良くできる特徴を持っています。
そのため、油性の汚れも水性の汚れもどちらも落とすことができ、水にも流れやすいため、ダブル洗顔をしなくても汚れをすっきり落とすことができるのです。

▼ クレンジング・洗顔料の界面活性剤の種類とバランスイメージ

クレンジング・洗顔料の界面活性剤の種類とバランスイメージ

※一般的な構成によるイメージ。商品ごとに配合成分は異なります。

肌質やメイクの濃さに応じて、使い分けすると◎

ダブル洗顔不要のクレンジングは、潤いを取り除き過ぎず、しっとりと洗い上げてくれるので、特に乾燥肌や敏感肌の人におすすめしたいアイテムです。

また、さっぱりと洗い上げたい脂性肌の人や、濃いめのしっかりメイクをした日などは、ダブル洗顔をするのもひとつの方法。肌状態に合わせて使い分けするとよいでしょう。

正しいクレンジング・洗顔の方法を極める!

クレンジングだけでなく、朝のお手入れや脂性肌のケアには洗顔だってもちろん大切。
そんなクレンジングと洗顔の「落とすケア」はスキンケアの要であるにもかかわらず、きちんと洗えていなかったり、かえって肌に負担をかけていたりと、間違った方法でケアしている人は多いもの!

「クレンジング・洗顔の正しい方法」のポイントを押さえて、今日から実践しましょう。

Point1.クレンジングは乾いた手肌に使うと洗浄力アップ

クレンジングを乾いた手でなじませている様子

クレンジングは乾いた手肌に使うのがポイント。濡れた状態だと本来のクレンジング効果が弱まる可能性があります。
「濡れた手で使える」と表記されているアイテムでも、乾いた状態の方が洗浄力アップするのでおすすめです!

Point2.使用量は適量を守って

クレンジングを適量手に取りだしている様子

クレンジングの量が少ないと、肌摩擦の原因に。適量はアイテムの種類によって異なりますが、パッケージに記載の推奨量を守りましょう。ナチュラルメイクの日でも、推奨量を守って使うのが◎。

Point3.洗顔は「キメ細かいたっぷり泡」がキモ

たっぷり泡立てた洗顔料の泡を顔に乗せている様子

洗顔は、しっかり泡立てたキメ細かいたっぷりの泡で洗うのがポイント。
洗顔料を適量取り、水を「少しずつ」加えて泡立てます。一気に多量の水を加えると水っぽくなってしまうので要注意。泡立てネットを使うと、素早くふわふわの泡がつくれます。
手を逆さにしても落ちないほど泡立てるのがコツ。

Point4.クレンジング・洗顔はとにかく「やさしく」肌をこすらないこと!

クレンジングを顔に優しくなじませている様子

クレンジングと洗顔は、とにかくやさしく洗うことが大切です。
肌は皆さんが思っている以上にデリケート。摩擦は肌への負担になり、肌荒れや乾燥、毛穴を広げる原因にも!
指の腹を使ってやさしく、クルクルと円を描くようになじませましょう。毛穴のザラつきが気になる小鼻やあごは汚れを浮き上がらせるイメージで丁寧になじませ、汚れが溜まりやすいフェイスラインも忘れずに。
洗顔料はたっぷり泡をクッションにして、泡を転がすように洗いましょう。

Point5.クレンジングも洗顔も「丁寧に」だけど「素早く」!

クレンジングを顔にクルクルなじませている様子

クレンジングと洗顔料は、肌に乗せている時間が長いと、それだけ肌負担となり乾燥を招くことに。
やさしく丁寧になじませながらも、できるだけ素早く済ませるよう意識してください。クレンジングと洗顔、どちらもそれぞれ1分以内を目安にしましょう。

Point6.すすぎは少し冷たく感じるぬるま湯でOK〇 シャワーはNG×

ぬるま湯で顔を洗っている様子

すすぎの水は冷たすぎても熱すぎても肌によくありません。手で触って、少し冷たいと感じるぐらいの32~34℃のぬるま湯がおすすめです。
また、水圧の強いシャワーを顔に直接あてると、肌に刺激となり、肌を傷めてしまうことに。面倒でも手ですくってすすぎましょう。

クレンジングと洗顔でキレイに差が出ます!

洗顔後、顔にやさしくタオルをあてている様子

「何となく」でケアしがちなクレンジングと洗顔。自信が持てる素肌を変えたいなら、正しいクレンジングと洗顔に今日から切り替えを。
ダブル洗顔不要のクレンジングは、2ステップを1本で担える便利なアイテムです。肌への負担も抑えてくれるので、肌悩みを抱えている人こそぜひ一度試してみてください!

LINE@お友達登録で10%OFF
ページトップへ