n&o Living公式通販サイト

4000円以上お買上げで送料無料!
マイページ 新規会員登録 カートを見る

ノンシリコンシャンプーは髪にいいの?合う・合わない髪質と効果的な使い方

シャンプー選びに悩む女性

数年前のヒットから、今ではすっかり定番となったノンシリコンシャンプー。でも実際に、ノンシリコンシャンプーの効果やどんな髪質の人に向いているかを知らずに使っている人も多いはず。

ノンシリコンシャンプーの正しい知識と効果を知り、うるおいとハリのある若々しいツヤ髪を目指しませんか。

「ノンシリコンシャンプー」ってどんなシャンプー?

出窓に置かれたシンスボーテ オーガニックヘアケアセット

ノンシリコンシャンプーとは、成分に「シリコン」が入っていないシャンプーを指します。ではシリコンとは一体、どんな成分なのでしょうか?

シリコン(シリコーン)について

シリコンとは、酸素とケイ素、そして有機基が結びついて作られる有機化合物で、正式には「シリコーン」と呼びます。高温・低温に強く劣化しにくいなどの特性を持ち、オイルやゴム、レジン、パウダーなど形状も多彩。ヘアケア製品だけでなく、化粧品や食品、調理器具などの身近なアイテムから、工業、医療などの幅広い分野でも使用されている安全性の高い素材です

シャンプーやトリートメントなどのヘアケア製品で使用されるシリコンは、「シリコーンオイル」と呼ばれる液状のもの。髪に被膜を作りコーティングすることで、指どおりが滑らかになり、摩擦やドライヤーの熱によるダメージを軽減してくれる働きがあります。特にシリコンは、「高級アルコール系」と呼ばれる洗浄力・脱脂力が強い洗浄成分を使用したシャンプーに配合されていることが多いです。

髪本来の姿へと導くノンシリコンシャンプー

ロングヘアが風になびく黒髪の女性

ノンシリコンシャンプーを使うことにより、髪や頭皮にはどんな効果が現れるのでしょうか。メリットだけでなくデメリットも知ることで、よりノンシリコンシャンプーへの理解が深まりますよ。

ノンシリコンシャンプーのメリット

髪や頭皮が“すっぴん”の状態に

シャンプーの洗い残しになどによりシリコンが頭皮に付着すると、フケやかゆみの原因となるほか、中にはシリコンの成分が肌に合わずに頭皮トラブルを招くことも。
ノンシリコンシャンプーなら、髪や頭皮にシリコンが付着することがないため素の状態に近づき、健やかな頭皮を保つことができます。

さっぱりと軽やかな仕上がり

シリコンは髪を覆いキューティクルを保護してくれる効果がある一方、その効果により髪に重さが出てしまい、ペタンと潰れた仕上がりになったり、髪のベタつきが気になることも。
ノンシリコンシャンプーは、髪本来の重さだけでふんわりと軽やかな仕上がりになるため、髪が細くて柔らかい猫っ毛の人や薄毛・抜け毛に悩む人、ボリュームを出したい人にもおすすめです。

カラーやパーマの持ちがよくなる

ノンシリコンシャンプーを使用した人の中には、「カラーやパーマが長持ちするようになった」という声も多くあります。シリコンによるコーティング作用がない分、カラー剤やパーマ液が浸透しやすい、シリコンによる重さがなくパーマがダレにくい、といった効果がシリコンシャンプーに比べて感じやすいのかもしれません。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

髪のきしみやパサつきを感じる場合も

ノンシリコンシャンプーはシリコンによるコーティング作用がないため、髪質によってはシャンプー中やシャンプー後に髪のきしみ・パサつきが気になったり、指どおりの悪さを感じてしまう人も。
また、ノンシリコンシャンプーをしっかりと泡立てないことで、髪への摩擦が生じ、ダメージを受けやすい状態になってしまいます。

ドライヤーなどの外部刺激に弱い

ノンシリコンシャンプーには髪をコーディングするシリコンがない分、ドライヤーやヘアアイロンの熱が直に伝わり、髪はダメージを受けやすい状態になります。
使用前にはアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)を塗布しケアするなど、熱から髪を守る工夫をするとダメージの軽減につながります。

ノンシリコンシャンプーが向いている髪質は?

ノンシリコンシャンプーが向いている人

  • 毛量が少なくボリュームを出したい人
  • 自然なツヤ感を出したい人
  • 健やかな髪・頭皮を育みたい人
  • さらっとした軽い仕上がりを好む人
  • フケやかゆみ、薄毛などのヘアトラブルに悩んでいる人
  • 敏感肌で低刺激なシャンプーを使いたい人

ノンシリコンシャンプーが向かない人

  • 毛量が多く広がりやすい人
  • 髪のまとまりを重視する人
  • ブリーチなどによるダメージヘアの人
  • しっとりとした仕上がりを好む人
  • 髪が痛みやすい人
  • 毎日ヘアアイロンを使う人

使ってみた結果は?ノンシリコンシャンプーの口コミ・感想

洗面台に並べられたシンスボーテ オーガニックヘアケアセット

実際にノンシリコンシャンプーを使っている・使った経験のある人に、ノンシリコンシャンプーを使ってからどう変化があったかを聞いてみました。

前は市販の手ごろなシャンプーを使っていましたが、ノンシリコンシャンプーに変えてから髪のベタつきがおさまり、ふんわりとボリューム感が出るように!広がり気味の髪もうまくまとまるようになり、翌朝のブローが楽になりました。

●40代女性Iさん/髪質:普通、髪量:多め、クセ:やや有、肌質:普通肌

色んなノンシリコンシャンプーを試したけど、頭皮のムズムズ感やフケは抑えられたと思う。でも商品によってパサつきが気になる。

●20代女性Oさん/髪質:柔らかめ、髪量:普通、クセ:なし、肌質:乾燥肌

SNS動画を見て気になり市販のノンシリコンシャンプーを購入。まだ効果はわからないけど、今のところ不満はないから継続して買う予定。

●30代女性Fさん/髪質:普通、髪量:多め、クセ:やや有、肌質:脂性肌

ノンシリコンが人気と聞いて買ってみたけど、正直、普通のシャンプーとの違いがわからなかった。結局今は前のシリコンシャンプーに戻しています。

●40代女性Tさん/髪質:硬め、髪量:普通、クセ:やや有、肌質:普通肌

シリコン入りシャンプーはしっとりすぎる仕上がりに不満がありました。ノンシリコンシャンプーに変えた後は、軽い仕上がりなのにしっかりまとまります。

●30代女性Eさん/髪質:普通、髪量:多め、クセ:なし、肌質:乾燥肌

ノンシリコンシャンプー選びは髪や地肌へのやさしさも大切

テーブルの上に無造作に置かれたブラシとタオル

ノンシリコンシャンプーの特徴や向き不向きがわかったところで、次はノンシリコンシャンプーを選ぶ際のポイントをおさえておくと、より理想のシャンプーにたどり着くことができますよ。

1.成分表でシリコンの有無をチェック

ノンシリコンシャンプーの多くは、パッケージに「ノンシリコン」とわかりやすく書かれているのに対し、シリコンシャンプーには「シリコン入り」と書かれているものはほぼありません。そのため、ノンシリコンシャンプーを見分ける際は、成分表を確認すると良いでしょう。
以下のような成分が表記されていたら、シリコンシャンプーだと判断できますよ。

メチコン
ジメチコン
シロキサン
シリル
シラン

2.洗浄力はマイルドなものを

シャンプーの成分の大半を占めている洗浄成分。この洗浄成分が強いと肌への刺激となり、フケやかゆみといった頭皮トラブルの原因となることがあります。市販の一般的な「高級アルコール系」にシリコンシャンプーが多いのも、強い洗浄力をシリコンで軽減しているためと言われています。
ノンシリコンシャンプーを選ぶ際は、洗浄力がマイルドな「アミノ酸系シャンプー」を選ぶことをおすすめします。アミノ酸系シャンプーを見分ける際も、以下のような成分が含まれているか成分表で確認しましょう。

▼主な洗浄成分の特徴
洗浄力 主な成分 主な特徴
石鹸系 石けん素地、純石けん、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム、ラウリン酸K、など ・天然由来成分使用
・アルカリ性で高い洗浄力
・生分解性に優れ環境にやさしい
・さっぱりとした洗い上がり
高級アルコール系 中?強程度 ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸TEA、など ・石油系界面活性剤使用
・高い脱脂力と殺菌力
・少量で泡立ちが良い
・安価で購入でき経済的
・整髪料などしっかり洗い流せる
アミノ酸系 弱?中程度 ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグリシンK、ラウロイルグルタミン酸Na、など ・天然由来成分使用(アミノ酸系界面活性剤)
・弱酸性で低刺激
・子供でも使える
・きめ細かい泡立ち
・必要な脂分は残し余計な皮脂のみ落とす

3.無添加で刺激が少ないと◎

洗浄成分の強さだけでなく、防腐剤や着色料といった肌や髪に刺激となる添加物は、なるべく避けるほうがベター。特に敏感肌や乾燥肌の人、子供と一緒のシャンプーを使いたい人は、低刺激な植物由来やオーガニックなどの天然由来成分のシャンプーをおすすめします。

4.保湿・整肌成分にも注目

頭皮や髪に潤いを与える「○○種子油」などの保湿成分や、肌を整える作用がある「○○エキス」などが配合されているかにも注目しましょう。頭皮や髪へのダメージの軽減になるほか、ノンシリコンシャンプー特有のきしみやパサつきも緩和できますよ。

シャンプー前後のひと手間がツヤ髪への近道に!

かごの上に置かれたシンスボーテ オーガニックヘアケアセット

毎日のシャンプーも“なんとなく”の流れでするのではなく、頭皮や髪のケアを意識しながら少しの工夫をするだけで、ハリやツヤ、指どおりの良さが変わっていきます。シャンプー時にやっておくべきポイントをおさえて、日々髪の変化を楽しんでみては?

Point 1
シャンプー前のブラッシングでダメージ軽減

ブラシで髪をとかす女性

入浴前にクッションの付いたブラシで梳かすと、髪の絡まりがほぐれ、シャンプー時の摩擦ダメージを軽減することができます。
また、ホコリや皮脂などの汚れも浮きやすくなります。

Point 2
髪の芯まで濡らすことで泡立ちUP!

シャワーで髪をすすぐ女性

シャンプー前は、37度程度のぬるま湯で1~2分しっかり予洗い。
髪の芯まで濡らすことで、ふんわりモコモコ泡がつくれるように。

Point 3
手のひらで泡立ててからシャンプーを

モコモコ泡でシャンプーをする女性

シャンプーは直接髪に付けず、まずは手のひらで軽く泡立ててから髪全体を包むようになじませましょう。
シャンプーは髪ではなく“頭皮”を洗うものと意識し、マッサージするようにやさしく洗うとより効果的。

Point 4
洗い残しのないようすすぎは十分に

塗れた髪にふれるお風呂上がりの女性

頭皮や髪にシャンプーが残っていると、フケやかゆみなどの頭皮トラブルの原因につながります。
洗い残しのないようしっかり時間をかけてすすぎましょう。

Point 5
シャンプー後はすぐにドライヤーを

ドライヤーで髪を乾かす女性

髪の乾燥はシャンプー直後から始まります。濡れた状態のままいると、髪の水分はどんどん抜け出し、パサつきの原因に。
また雑菌が繁殖しやすいため、抜け毛やニオイの原因にもつながります。シャンプー後は早めにドライヤーで髪を乾かすようにしましょう。

ノンシリコンシャンプーで健やかな頭皮を育もう

タオルの上に置かれたシンスボーテ オーガニックヘアケアセット

雑誌やSNSで人気のノンシリコンシャンプーも、髪質や髪の状態、理想とする仕上がりにより向き不向きがあります。しかし、うるおいとハリのある若々しいサラツヤ髪に近づくには、頭皮の環境を整えて健やかな地肌を作ることが大切であり、シャンプー選びも地肌づくりの重要なアイテムとなります。
今回の記事でご紹介したノンシリコンシャンプーの特徴や効果を知り、あなたの理想とするお気に入りのシャンプーを見つけてくださいね。

LINE@お友達登録で10%OFF
ページトップへ